「能作」は、富山県高岡市の伝統産業である「鋳物」の加工技術で培われた鋳造技術をもとに、錫(100%)を用いて製作しています。
錫はイオン効果が高く、水を浄化し飲み物をまろやかにするといわれています。
錫は熱伝導率が高いので、器を冷蔵庫に入れておくとよく冷え、冷酒にぴったり。
中でもおすすめの「ビアカップ」は、表面に特殊加工が施され、ザラザラとした鋳肌により、ビールはまろやかな泡立ちを生み出します。
1、2分ほど冷蔵庫に入れておけばキンキンに冷えたビールをお楽しみいただけます!ビールだけでなく、コーヒーやソフトドリンクでも。

【錫とは】
錫は、金、銀に次ぐ高価な金属として知られ、酸化しにくく 抗菌作用が強いという特性をもち、金属アレルギーにもなりにくい素材です。
古くから「錫の器に入れた水は腐らない」や「お酒の雑味が抜けて美味しくなる」などと言われ 酒器や茶器などに使われてきました。

【真鍮とは】
真鍮とは銅と亜鉛の合金です。
現在では、いちばん身近なものでは貨幣の5円玉、そのほか小物、インテリア、建築金物、仏具や楽器の材料としても愛されています。
能作の風鈴やそろり、燭台も真鍮製です。おりんや具足で培われた鋳造技術を活かし、ひとつひとつ職人の手によって仕上げられています。