創業百年以上の歴史、
江戸っ子の気性を忘れない江戸和菓子作り
 
明治23年創業。現在の歌舞伎座のそばで歌舞伎煎餅を売り出し、大評判になったことが菊廼舎のはじまりです。
大正後期、茶時の干菓子をヒントに登録商標『冨貴寄』を考案。
今日まで、贈り物として、ご自身へのご褒美として人気のお品物です。

登録商標『冨貴寄』は、和風のクッキーや金平糖・和三盆糖・ハッカ糖・落花生・打ち物・落雁など、職人がひとつひとつ丁寧に作った、小さくてかわいらしい江戸和菓子が缶にぎっしり。
楽しくておいしい、どこか懐かしい、素朴なお菓子です

四季折々、季節限定のお品物もございますので、是非お近くの店舗までお立ち寄りください。

販売店舗:神保町店池袋店有楽町店グランスタ丸の内店経堂店多摩センター店名古屋店ミーツ国分寺店
※店舗によって品ぞろえは異なります