掲載日:2018年3月28日

[]

  

欧米でもマニア続出!伝統工芸とパズルが融合したインテリジェンスパズル「からくり箱」は、
神奈川県・小田原の工芸品“秘密箱”を元に、からくり創作研究会会長の亀井明夫氏
により考案されまし。
一見、おしゃれなインテリア雑貨に見えるものばかりですが、木片を正しい順番にスライドすると開く仕組みや、写真・上のコーヒーカップには磁石が仕込まれる等、どれも独自の仕掛けが施されています。
その仕掛けには物理の発想も多く取り入れられています。
押すのか、振るのか、回すのか?
やっと開けたときの達成感の虜になること間違いなしです。
その人気は日本国内にとどまらず、理系オタクたちを中心に世界規模でマニアが続出しており、今、最も注目の玩具なのです。
木工職人によって木にこだわり作られた[からくり箱]。
是非実物を手に取って、開け方を探してみてくださいませ。