掲載日:2021年10月19日

[, , , ]


ポンピン堂の「守袋 寅」、「守袋 赤みみずく」。

「守袋」とは、江戸時代の人々が御守りや護符を入れて懐中に忍ばせた小さな袋。
江戸の粋人たちが好みの縁起柄を誂えで染め抜き、その粋を競い合ったといわれています。
現代では「お数珠・印鑑・お薬・アクセサリー・飴」など御守りにこだわらず、身の廻りの大切なものを入れる小袋として様々な用途にお使いいただけます。

【寅】
「寅」の字は春の到来、物事が動き始めるという意味を持つ。また黄色は魔除けの色であり勇猛な様とあわせて厄除けの象徴ともされている。開運招福・厄除祈願を意味する文様。
【みみずく】
みみずくの形を模した郷土玩具の一つ。赤い色には魔除けの意味がこめられており、江戸時代には疫病除けの民間信仰から室内に飾られました。時代が変わっても日々の平穏と健康を願う人々の気持ちは同じ。厄除祈願・病気平癒を願う文様です。

ご自身用に、袋自体に御守りのような気持ちを重ねてお使いいただくのはもちろん、また心を込めた贈り物としても人気です。

贈り手の「気持ち・想い」を、日本の伝統文様の意味に重ねて届ける「想いの依り代」として、多くの方にお使いいただけます。


販売店舗:神保町店、有楽町店、グランスタ丸の内店、池袋店
※店舗によって入荷日が異なります。ご了承くださいませ。