2019年7月26日(金)より神保町店・丸の内店・東京ソラマチ店にて織田畳店の新作
◆天然芯染めイ草 ラウンド財布 深藍(紺)
◆天然芯染めイ草 ラウンド財布 深墨(黒)
を販売開始いたします。
畳の香と手触りを堪能できる織田畳店のお財布を是非店頭でご覧ください。
===========================
織田畳店のラウンド財布は職人がハンドメイドで丹精込めて作り上げた和モダンなデザインの財布です。
畳素材ならではの優しい滑らかさと手触りで、老若男女を問わないシンプルなスタイルです。

財布に使用している畳表は、天然芯染い草を使用。もちろん国産(熊本県)のい草を使い、更に「い草の芯」までしっかり丁寧に染め上げられた畳表です。畳表の手触りも優しく滑らかで、居心地の良い和室の空間を想像させてくれます。
天然素材ですのでご使用されるうちに年月を経て程良く味わいが出てきます。普段のお手入れには付属のニットクロスでから拭きをするとより自然な艶が出てきます。
ファスナーチャームは日本の鋳物工場で、日本の職人ならではのきめ細かな技術で作られた真鍮製。ファスナースライディングはとても滑らかで快適に使い続けることが出来ます。
革は本革。お札入れの部分には、職人が丁寧に縫いこんだ正絹(シルク)織物を中布に使い高級感溢れるデザインになっています。また、絵柄も織田畳店がある奈良(やまと)にちなみ、正倉院宝物、屏風に描かれた鹿を取り入れました。
収納性にも優れ、カードは片面6枚で両面で12枚収納することができます。お札入れ2箇所を含めフリーに使えるポケットが合計6箇所あり豊富な収納も魅力です。
Made in Japanのこだわりの素材を、奈良の縫製職人がハンドメイドで一つひとつを細部まで丁寧に丹精を込めて作りあげています。

7/26からお取扱いに加わる「深藍(ふかあい)・紺」は、そもそも藍染を黒に近い色合いに染められた濃い青色のことをいいます。このような濃い藍色は「褐色(かちいろ)」とも呼ばれ、威厳を感じさせる色合いということで中世の武士に好まれました。また「かち」の響きが「勝ち」と同じ、縁起の良い色ということから名付けられました。他に「深墨(ふかずみ)・黒」との2色展開になっています。

■ サイズ
外寸/縦100mm×横200mm×厚さ30mm
素材/本体:天然芯染い草畳表、本革 内装:正絹、本革
重さ/230g
※天然染い草・本革は天然物ですので、多少の色ムラ・キズ・シミ・シワなどある場合がございますので予めご了承ください。