microm

開催店舗

神保町店

開催期間

2019年07月26日 ~ 2019年08月22日

インフォメーション

【神保町店 7/26~8/22 「microm(ミクロム)」】

2019年7月26日(金)~8月22日(木)に神保町店にて「microm」さんの作品が期間限定で登場いたします!

また、8月11日(日)にはワークショップも開催予定!
詳細は近日発表いたします。

==========================================
 
ほんものの植物をそのまま身につけることをコンセプトに、アクセサリーの制作・ワークショップなどの活動を行っています。

野原で摘んだシロツメクサの花冠や、どんぐりでつくったネックレス。
ちいさなころ植物で遊んだ気持ちを原点に、大人になっても楽しめる植物のアクセサリーを作ることがモットー。

特殊加工せずにそのまま植物を楽しむアクセサリーを「プランツジュエリー」と名付け、作りかた・楽しみかたを提案しています。

ひとつひとつの植物をよく知り、じっくり楽しむ視点を大切に、季節のリースや押花作品の制作も。
 
◆販売する作品について

完全にドライになったもの、ドライになってからも形が崩れにくいもの、実やタネなどの固いものを中心に選んでいます。
花については、制作するときは生の状態→アクセサリーのかたちに仕立ててから乾燥するという手法をとっているため、接着剤などはほとんど使っていません。(一部除く)

花を固める樹脂などはいっさい使用しておらず、天然のまま乾燥させた状態です。
強度は植物によって異なります。着脱の際はなるべく植物部分には触れず、金具の部分を持っていただくよう、丁寧に扱ってください。

紫外線に当たると色は徐々に退色していきます。使わないときはケースに入れ暗いところに置くと、キレイな色が長持ちします。

時間の経過とともに、色・強度も変化していきます。基本的に、永遠のものではありません。

花<実<タネの順で強度は高いです。今回の作品の中では、サガの実、ユーカリの実などは強度が高く、アクセサリーとして使いやすいです。
 
【プロフィール】
高畠美月 mizuki takabatake

フローリスト。1級装飾技能士。
専門学校講師、生花店、ブライダルなどの現場で花の仕事を続けてきました。
都会にいながらも植物を身近に感じること、日常に取り入れることを模索し、プランツジュエリーを提唱。
飾る、贈るだけではない、花や植物との関係を模索しています。
植物にあまり興味がなかった人にも、気軽に楽しんでもらうことをモットーに活動中。

(”micromさんより”)
 
===============================================
 
ほんものの植物を身につける。
永遠のものではない、その時を楽しむ。
とても贅沢なプランツジュエリーは夏の装いにもぴったりです。
皆様のご来店お待ちしております。

神保町いちのいち神保町店
営業時間:10:00~20:00
電話番号:03-3233-0285

ギャラリー

開催店舗 神保町店
開始日 2019年07月26日
終了日 2019年08月22日