開催日:2018年11月26日 ~ 2018年12月25日

掲載日:2018年11月26日

[, , ]


グランスタ丸の内店、神保町店、名古屋店にて職人が細部までこだわりぬいた革小物が登場いたします。
グランスタ丸の内店は2018年11月26日(月)~。グランスタ丸の内店と名古屋店は2018年11月29日(木)~
クリスマスのギフト選びにぜひご利用くださいませ。


■池之端銀革店■
東京・上野にショップ兼工房を構え、重厚なレザーでギミックの効いたアイテムの製造を得意とする革小物ブランド。若手から70代のベテランまで、職人たちが個性豊かなアイテムを次々と生み出している。まとめあげるのは、一流ブランドのOEMなどを長年手がけ、革に関しての知見も豊富な小野勝久だ。


■m+[エムピウ]■
ポケットの小銭が音を立ててふと思った。
もっと気持ちよく小銭を持ち歩けないだろうか。
たとえば手触りのよい一枚の革で包み込む。
しかも中身を取り出しやすく、使えば使うほど愛着がわく。
そんないれものがあったら…。

こうして2001年、村上雄一郎の革製品ブランド m+[エムピウ]が誕生しました。
村上の m にプラスをつけたのは「作り手+誰か」によって、
ものが完成するから。年月を重ねて、m+のアイテムは広がりましたが、ブランド名にこめた思いは変わりません。

自然が育む天然素材、信頼できる職人、そして使い手の一人一人が関わりながら、m+の革製品は生まれてきます。


■enku■
〝日本独特の革を創りたい”そんな想いでスタートしたenku。
日本各地をまわり、専門家に話を伺いながら理想の革や藍を探し、
あらゆる組み合わせを重ねながら天然の藍で一枚一枚手染めで藍染革を作り、製品化まで行っています。
様々な動物の革に藍染めを施したり、綺麗なグラデーションや型染めなどの技法での染めも得意としております。
現在では藍染めのみならず多様な草木染めを通して魅力的な色をご提案しています。
深い味わいに変わっていく革製品に思いをはせながら、一つ一つ丁寧に仕上げました。
自然がはぐくんだ恵みの色をご堪能いただければと思います。


■キプリス■
幅広いライフスタイルで使える革小物コレクションを展開するメーカー・モルフォが展開するブランド。1995年4月、創業とともにデビューしたカンパニーブランドでもある。「正統派ビジネススタイル」を提案しており、全商品が日本製にこだわって熟練職人のハンドメイドで仕上げられる。


■HIS-FACTORY■
隅田川浅草吾妻橋のほとりの1Fの工房で製作したオリジナルの革小物・鞄を2Fのショップで販売しています。 素材はイタリア植物タンニン鞣し革を使用しています。経年変化がお楽しみいただけ、シンプルなデザイン、丁寧な仕立てと丈夫な作りで永く愛用していただけるように考え製作しています。


■produce by MORPHO■
CYPRIS、Neu interesseをはじめ、ライフスタイルに合わせた様々なブランドを展開。メンズからレディー スの商品まで幅広く取り扱い、高品質な商品をお届けしている。