開催日:2018年06月22日 ~ 2018年07月10日

掲載日:2018年6月19日

[, ]

終了


 

神保町いちのいち ミーツ国分寺店・名古屋店にて 数学・科学・生物・天体・地学などなど、あらゆる「理科」にまつわる作品が、『昼の理科室』『夜の理科室』に期間を分けて集合いたします!
「夜の理科室」 標本・実験器具など、ひっそり覗き込もう… 「昼の理科室」 小学校の「理科」のような楽しい作品が勢ぞろい♪
是非、遊びにいらしてくださいね。皆様のご来店、お待ちしております♪

●国分寺店
「夜の理科室」2018年6月22日(金)―6月24日(日)プラタナス広場
「昼の理科室」2018年6月27日(水)―7月10日(火)神保町いちのいちミーツ国分寺店内
【営業時間】10:00~21:00
【TEL】042-359-4205

●名古屋店
「夜の理科室」 2018年6月27日(水)―7月 3日(火)
「昼の理科室」 2018年7月 4日(水)―7月17日(火)
【営業時間】10:00~21:00
【TEL】052-566-6811

『昼の理科室 夜の理科室』〈出展作家様一覧〉※敬称略

    • 【AAYAA】

      名古屋会場(昼の理科室)
      え?そんなところに海洋生物が?!刺繍やビーズ、珊瑚などを使った愉快だけどお洒落なアクセサリーで海洋生物があなたに溶け込みます!
      いつものあなたにちょっとだけ海の生き物を!
    • 【aiai生物部】

      名古屋会場(昼の理科室)

      いきもの好きなクラフトデザイナーが作り出す
      リアル系いきものアクセサリーや標本箱、オリジナルTシャツなどを商品化しています。
    • 【botanart】

      名古屋会場(夜の理科室)

      botanart(ボタナアト)
      ボタニカルアートの手法で描いた植物画と蝶やカリグラフィーをあわせてデザインしています。
      アンティークのような風合いを感じさせながら植物の色は美しく発色よく表現するように心がけて制作しています。
    • 【cocorotsu】

      国分寺会場(夜の理科室)名古屋会場(昼の理科室)cocorotsu(ココロツ)
      世界を旅して出会った動物や植物を、色鉛筆で描いたカラフルなアクセサリー

    • 【Esnes Nommoc】

      国分寺会場(夜の理科室)/名古屋会場(夜の理科室)
      「 物語を連れて行く」がコンセプトのアクセサリーブランド ” Tears&Balloon.” 言葉…作品一つ一つに、優しさと希望に溢れた言葉を。 デザイン…シーンも年齢も問わない、洗練されたデザインを。 優しさとデザインが両立する、男性クリエイターEsnes Nommoc によるブランドです。

    • 【Kazu-n】

      名古屋会場(夜の理科室)
      押し花は、16世紀ごろの西洋で、研究材料にするための標本として始められたといわれています。
      今では、日本の化学と技術で植物の美しさそのままを残すことが出来ます。そのお花の一番美しい時をアクセサリーにし、お届けしています。
    • 【kotokoto】

      国分寺会場(夜の理科室)/名古屋会場(夜の理科室)
      “使えるアンティーク”をコンセプトに、古物商(夫)&デザイナー(妻)の12歳差夫婦で、東ヨーロッパの古雑貨をアクセサリーに仕立て直しています。
      今回は「東欧のヴィンテージブローチ いきもの篇」。
      1970~80年代にソ連やチェコスロヴァキアで製造されていたバッジを修理。もともとは、動物園のおみやげ、まちの紋章、観光グッズとして販売されていたものです。
    • 【MYSTIC】

      国分寺会場(夜の理科室)/名古屋会場(昼の理科室)

      身につけるだけでなく、アートやインテリアとしても楽しめるような作品を制作しています。
      可愛さと不気味さを併せ持った世界観をお楽しみください。
    • 【nekoism】

      国分寺会場(夜の理科室)
      試験管立てを中心に製作しています。
      星と月の試験管立ては無垢材を使用し、組み立てには接着剤を使わずに伝統技法
      「くさび止めほぞ接ぎ」を用いています。
      夜光木の試験管立てはLEDの白い光と、蓄光のほのかな緑色の2通りの光で試験管の中身を照らせます。
      小さな鉱石を入れたり、一輪挿しにいかがでしょうか。
    • 【mocolier】

      名古屋会場(昼の理科室)

      mocolier〔もこリエ〕は、ひとつひとつ手描きで描いたオリジナルの絵柄を使って手にとるとどこかあたたかくてやさしい気持ちになる「1mocoアイテム」を企画・製作しています。
      今回は、図鑑風の絵柄を楽しむ「Retronome」(レトロノーム)シリーズと
      星座・深海をモチーフにした「Sanlogue」(サンローグ)シリーズをご準備しました。
    • 【orirttle】

      国分寺会場(夜の理科室)

      DNA、遺伝子、細胞など、ちいさな生物学をモチーフにしたグッズを製作しています。
      分子の作用と、いまこうして生きている身体が、つながっていると理解できる現象はわずかだと感じます。
      分子の世界は分子の世界で、美しい法則に満ちている。
      今はまだ、そんな他人事のような学問に見えるのです。
    • 【RC GEAR】

      国分寺会場(夜の理科室)

      「手のひらの博物館」をコンセプトに、様々な生物の美しくて面白い骨格を『博物学』から見ても納得のいくクオリティの銀細工として制作しています。
      あまりよく見えないような奥の方まで作り込んでいますので、
      360度ぐるりと見回しながら骨格の美しさを楽しんでいただけたら嬉しいです。
      「夜の理科室」では、職人が磨き込んだ『白銀』の作品と、磨き上げた上に燻しをかけ拭き上げた『黒光』の作品をお持ちします。仕上げの違いで変わる印象もぜひ楽しんでください。
    • 【ruff】

      国分寺会場(夜の理科室)/名古屋会場(夜の理科室)

      天体や骨などの博物学的なモチーフを使って、
      アンティーク、モード、仄暗いメルヘンな雰囲気のイラストやコラージュを制作しています。
      背景で見え方の変わるキーホルダーやポーチなど、仕掛けのある雑貨も製作しています。
    • 【Salvage craft works】

      国分寺会場(夜の理科室)/名古屋会場(夜の理科室)

      Salvage craft works (サルベージクラフトワークス)は、埋もれたクラフト素材やクラフト作品に光を当て、再び輝かせることを目的に活動し、自然界の素材そのものの美しさに着目したインテリア雑貨を制作・販売しています。
      中でも植物標本は、小さな頃に押し花を制作した思い出がふと蘇ったことをきっかけに、自然が生み出す植物本来の美しさに着目し、手のひらサイズ、試験管、大きなボトル、ガラスシャーレ、・・・様々な形の植物標本を制作展開しています。
    • 【Shima.shima 】

      国分寺会場(昼の理科室)

      日常に少し面白さをプラスできるような少しクセの強いきのこや海の生き物などをメインモチーフにしたイラスト雑貨を制作しています。
    • 【Teardrops】

      名古屋会場(昼の理科室)

      ワイヤーと樹脂を使った、
      透明感のあるお花や葉っぱなど植物モチーフのアクセサリーを作っています。
      パーツ1つ1つから手作りし、全く同じもののない1点ものです。
      見る人に喜んで 頂ける繊細さを大事に、人と同じは嫌、でもさり気ないオシャレを・・・がコンセプトです。
    • 【Wolves&me】

      国分寺会場(夜の理科室)/名古屋会場(夜の理科室)

      オオカミが大好きです。
      ガラスを特殊な道具で彫刻する「グラスリッツェン」技法で作るオオカミや動物のグラスをメインに男女を問わず使える「実用的でクールなグッズ」を目標に色々なものを作っています。
    • 【あかめがね】

      名古屋会場(夜の理科室・昼の理科室)

      「お絵描きをもっと気軽に楽しく」
      一つのスタンプでも配置や色を工夫して変えて行く事で、様々な絵が出来上がります。
      文具やお手紙が好きな大人の方からお子様の遊び道具としてまで、スタンプを通して多くの方々の生活に気軽に絵を描く楽しさが広がれば光栄です。
    • 【アルケミノート】

      国分寺会場(昼の理科室)/名古屋会場(昼の理科室)

      『理科(主に生物、化学、医薬分野)』モチーフに『ねこ』を加えた雑貨やイラストを制作しています。
      理科が好きな方にはもちろん、理科は苦手だけど楽しみたい方にもおすすめしたい普段使いのできる雑貨を揃えています。
    • 【ウィステリア】

      名古屋会場(夜の理科室)

      本物の植物を樹脂コーティングして、アクセサリーに仕立てています。ひとつひとつ違う表情の、葉脈の美しさをお楽しみください。
    • 【うえたに夫婦】

      国分寺会場(夜の理科室・昼の理科室)

      元メーカー研究員で理系の夫と理系でない妻の夫婦で活動しています
      オリジナルキャラクター「ビーカーくんとそのなかまたち」は現在キャラクター150以上。
      今後も増えていくかも…。書籍も発売中です。
    • 【お拾いもの】

      国分寺会場(夜の理科室)

      道ばたに落ちた記憶。 置かれたまま、忘れ去られた宝物。思い出か、はたまた夢か幻か。
      あてもなく漂うそれらを拾い集め、 かたちにしています。主に虫をモチーフにしたアクセサリーや紙文具を制作・販売しております。
    • 【カンブリ屋】

      国分寺会場(昼の理科室)

      カンブリア紀のキモカワな古生物をモチーフにしたグッズを制作しています。
      「あなたの隣に古生物」をモットーに、身近におけたり普段遣いできるような品物を心がけております。あなたの隣にも古生物、いかがですか?
    • 【ねじネジ屋】

      名古屋会場(夜の理科室・昼の理科室)

      ネジをはじめ日常にありふれて普段は気にも留めないような工業部品も、見せ方を変えることで新鮮なアクセサリーへと生まれ変わります。
      ねじネジ屋は「工業製品を楽しく、身近に。」が合言葉の、工業製品の魅力を探る実験室です。
    • 【よいこのきんぎょ】

      国分寺会場(昼の理科室)

      ちゅちゅたんをメインキャラクターとした、ポップでカラフルな金魚のイラスト雑貨。
      東急ハンズ・ロフト・百貨店等の催事に出店している。また、金魚の養魚場や愛好会のオリジナルグッズも手がける。
    • 【ぷらmix】

      国分寺会場(夜の理科室)/名古屋会場(夜の理科室)

      ウミウシマグネットは樹脂粘土でひとつずつ制作しているので、すべて一点ものとなっております。
      同じ種類でも動きや模様など少しずつちがっています。是非じっくり観察して、お気に入りのウミウシを見つけてください♪
    • 【花蜜屋】

      名古屋会場(昼の理科室)

      花・蝶をモチーフにしたアクセサリーを販売しております。
      耳元でふわりと舞うような蝶々のピアスや一枚一枚形を整えた花のかんざしなど【身に付けた方に花を添える】をコンセプトに製作しております。
    • 【深淵~abyss~】

      国分寺会場(夜の理科室)/名古屋会場(夜の理科室)

      深海生物を主なモチーフとし、深海生物の名前や姿形からインスピレーションを得て、神秘的で妖艶なグロテスクさが織り交ざった深海の生物たちの不安定ながらも完成された姿を目指し
      シルバーアクセサリーを製作・販売しています。
    • 【海雑貨制作*KASA*】

      国分寺会場(昼の理科室)/名古屋会場(昼の理科室)

      関西で活動中の*KASA*(カサ)です。スキューバダイビングで見た魚やウミウシなど、海の生き物を作っています。
      主に羊毛フェルト作品やイラストのグッズなど。ゆるく可愛く、そして不思議な海の生き物たちを身近に感じてもらえたらと思います。
    • 【理科室と実験的作品】

      国分寺会場(夜の理科室)

      冷たい、素っ気ない、可愛げのない。
      そんな人の為のアクセサリー。
      性別も四季も無い。
      針金/硝子粒/ヒューズ/基板/ナット/転がる石。様々な部品を使った実験的作品たち。
      それは試験管の中で起きた小さな爆発のような。突然現れた液体のような。
    • 【森田存】

      名古屋会場(昼の理科室)

      フェレット・チンチラ・デグーやモルモットにフクロモモンガ等の小動物、愛玩動物をテーマにした雑貨を制作、展示販売予定。
    • 【医療系雑貨生みたて卵屋】

      国分寺会場(夜の理科室)/名古屋会場(夜の理科室)

      医療をテーマにアンティーク風味のイラストを描いています。事実にアイデアを足した、渋シュールが特徴的。文具、紙製品が多めです。
    • 【ヒツジフエルト縮絨室】

      国分寺会場(夜の理科室)/名古屋会場(夜の理科室)

      ヒツジフエルト縮絨室 ヒロタリョウコ
      フェルトアーティスト、美術作家
      京都精華大学美術学部卒業
      2000年より作家活動を始めるフェルトメイキング(羊毛フェルト)の技法を使って、ウェットフェルトからニードルフェルトまで様々な方法で制作を行う。
      「しっかりフェルト化させる」をモットーに、長く使える丈夫さと、身につけると毎日がちょっと楽しくなるような「持ち歩くアート」がテーマ。
    • 【銀河通信社】

      国分寺会場(夜の理科室)/名古屋会場(昼の理科室)

      銀河通信社はアーティスト
      小林健二設計・監修により科学と融合したアイテムを主に製作。
    • 【関谷理化】

      国分寺会場(夜の理科室)/名古屋会場(昼の理科室)

      関谷理化の製品は実際に学校や研究室などで使われている製品です。ガラス製品なので取扱いには十分ご注意を。
    • φ phi

      名古屋会場(夜の理科室)

      “「時の隔たりを越え、万物が秘めている美。それが永遠なのかも知れない」をテーマに、黄金比・幾何学モチーフの真鍮アクセサリー/中世の天文器具/タティングレース/ソウタシエ/etcの創作を行う2人組です”
    • 【BIRDSTORY】

      名古屋会場(夜の理科室)

      鳥さんをモチーフとしてデザイン雑貨を制作・販売しています。 インコ・オウム・フィンチなど、様々な鳥さんをモチーフとしています。
      『鳥好さんが笑顔になれる』作品作りを心がけています。
    • 【ひらのあすみ】

      国分寺会場(昼の理科室)/名古屋会場(昼の理科室)

      絵本や多数の自然科学系書籍や雑貨、広告などのイラストを手掛ける。
      ユルくカワイイけどちょっぴりリアル?なイラストの自然・生物系グッズ。
      水棲生物、微生物、古生物、甲虫など。
    • 【有麒堂】

      国分寺会場(夜の理科室)

      深海から浅瀬まで海洋生物をモデルに陶器の作品を作ってます。
      ひとつひとつ手作りの作品になりますので、お気に入り頂いた子を連れて帰ってくださいましたら幸いでございます。
    • 【騎西屋】

      国分寺会場(夜の理科室)

      彫金という技法で主に動植物などを制作しています。金属で生き物を表現する楽しさを味わってもらえたらと思います。
      金属の板から制作しており、地道な作業ですがだんだんと形が出来ていくのはとても楽しいです。いつも身近に好きな生物を感じてもらえればと思います。
    • 【みのじ】

      国分寺会場(昼の理科室)

      まあるい生き物が好きでカメからダンゴムシまで、
      オリジナルのイラストをあしらった雑貨を作っています。
    • 【お知らせ】

      ———————————————————————————

      夜の理科室(名古屋会場)へ参加予定の
      「イラストレーターとき」様ですが、
      この度の大阪北部地震により、作品のご提供が難しくなり
      ご参加辞退となりました。

      作品を楽しみにしてくださっていた方には申し訳ありませんが
      何卒よろしくお願い申し上げます。

and more…
開催期間

●国分寺店
「夜の理科室」2018年6月22日(金)―6月24日(日)プラタナス広場
「昼の理科室」2018年6月27日(水)―7月10日(火)神保町いちのいちミーツ国分寺店内
【営業時間】10:00~21:00
【TEL】042-359-4205

●名古屋店
「夜の理科室」 2018年6月27日(水)―7月 3日(火)
「昼の理科室」 2018年7月 4日(水)―7月17日(火)
【営業時間】10:00~21:00
【TEL】052-566-6811