開催日:2019年09月01日 ~ 2019年09月30日

掲載日:2019年8月25日

[]

2019年9月1日(日)~9月30日(月)までの期間、東京ソラマチ店に、日本最古の絵の具屋さんが作った胡粉を使用したネイル「上羽絵惣」が登場です。


創業260年の上羽絵惣は、日本画用絵具専門店として白孤印の胡粉、泥絵の具、棒絵具などを現在も扱う日本最古の絵の具屋です。

様々な色を取り扱う上羽絵惣は、そのノウハウで日本の女性を美しく魅せる胡粉を使用したネイルを開発しました。
胡粉とはホタテの貝殻の微粉末から作られる白色の顔料で、日本画の下塗りに使用したり、
混色して淡い色をつくったり、お雛様などの日本人形や寺社仏閣の壁面にも用いられる重要な絵具です。

胡粉を使ったネイルは、天然素材の魅力を活かして、マニキュア独特の匂いもせず爪にやさしい!
ホタテの貝殻に含まれる真珠層で、発色もよく、乾きが早いので時間がないときでもサッと塗ることができちゃいます!

また除光液を使わず、除菌に使う消毒用アルコールで落とすことができるので爪が弱い方でも安心してご使用いただけます。
専用のジェルタイプの除去液に、ベース&トップコートも専用のものがあるので、合わせて使うとより爪にやさしくネイルを楽しめます♪


爪にやさしい胡粉ネイルで、お洒落をたのしみませんか?
皆様のご来店をお待ちしております。

三省堂書店東京ソラマチ店内
TEL.03(5610)2916
※三省堂書店東京ソラマチ店につながります
営業時間10:00~21:00